So-net無料ブログ作成
検索選択

第六章 公演終了後に待っているもの②~衣裳 [衣裳]

衣裳も舞台装置も再演があるかないかで、

処分するかどうか、その判断は大きく変わる。

再演が確実なら保管しておく倉庫が必要となり、

それなりに費用がかかる。

 

保管か、処分か。

悩むところだが、衣裳を見ると捨てられない。

それで保管を決める人が多いのだが…、

結局は捨ててしまうことが多い。

あ~、もったいない。

TVや舞台で処分される道具や衣裳は膨大だ。

少しでも再利用ができたらいいのだが…。

現実はなかなかそうもいかない。

 

以前、「夜物語」のために古着集めをし、

衣裳の一部に利用させてもらった。

女の子、コロシャ、ドブネズミ、メアリー、

小人、親族などなど。

その中でも大変身したのは

女の子のエプロンワンピースだ。

衣裳制作の井上よしみさんの

手作り感がよく出ていて、

懐かしさとあたたかい家庭のぬくもりが

感じられる出来栄えだった

 

とまあ、どれもこれも捨てられないものばかり。

全部保管することに決めた。

つまり、「再演する」という決断(!)。

 

2592-0909171.jpg

女の子(三代川柚姫) 妖精(野口智世)


タグ:夜物語
nice!(0) 
共通テーマ:演劇

第五章 衣裳合わせ~ベテランの知恵 [衣裳]

この道40年のベテランが制作しました。

動物、精霊、人間、妖精、小人、魔女…。

色んな衣裳があります。

素材は園芸用具、百円ショップ、古着、生地専門店など

多様なお店から調達したようです。

帽子の裏を見ると、ザルだったり。

和紙を採り入れた帽子風鬘だったり。

アイデアが満載。

デザイン画を見て、どうやって材料を集めるかはその人のセンスです。

今回は知恵袋がいっぱいの井上よしみさんが頑張って下さいました。

090904_1245~0001.jpg


タグ:夜物語
nice!(0) 
共通テーマ:演劇

第五章 お喋りの中から見つかる才能~プロとアマチュアの境目 [衣裳]

今日は俳優の隠れた才能のお話しを。

何気ない会話の中で、隠れた才能を発見し、

試してみたい!と感じる時がある。

 

思い起こせば2年前。

生徒のための試演会で、衣裳を率先して作り始めた俳優がいた。

日頃から個性豊かないでたちをしている彼女は

購入したものを自分風にアレンジしたり、生地から作ったりと、

この世でたったひとつのブランドを持っている。

 

「夜物語」はプロのデザイナーにお願いしたが、

試しに彼女にも衣裳デザインを描いてもらった。

思った通り、発想が豊かで面白い。自由気儘

この才能をどこかで活かせたら、そう思った。

 

最初は遊び。それから仕事へ。

プロとアマチュアの境目は微妙。


タグ:夜物語
nice!(0) 
共通テーマ:演劇

第二章 古着集め [衣裳]

使うのか使わないのか、まだはっきりとしないが、衣装さんに古着を集めて欲しいと言われた。

色々なデザイン画を見て、原作を読んで、打ち合わせをしているうちに発想が湧いたようだ。

まずは生徒に呼びかけてみたところ、1週間でびっくりするほどの量が集まった!

ドレス、和服、毛皮、皮ジャンなど高価なものまであって…! 

ストップをかけないと車2台分くらいの量になりそうだったので、[がく~(落胆した顔)] 即座に打ち止め(汗)。

これを引き裂いたりするのか~と考えるともったいない気もするが、タンスの奥で眠っているよりはずっといい。

どう料理するかはデザイナーの知恵次第。

できるだけ活用して貰えれば洋服たちも喜ぶ

モノが豊富な時代、こうしたエコロジーが舞台にあってもいいかな~と楽しみにしている。


タグ:夜物語
nice!(0) 
共通テーマ:演劇
メッセージを送る