So-net無料ブログ作成
検索選択

第五章 プレスコ録り [音楽]

プレスコ録りをした。

音響の実吉さん、音楽監督・歌唱指導の鈴木京子さんの

テキパキとした指示もあって、5時間程度で終了した。

その後は芝居の稽古。

実吉さんも朝9:00からお付き合い下さり、

最後まで芝居を見て下さった。

疲れた~なんて言ってられません。

密度の濃い日々が続いています。

090829_1110~0003.jpg


タグ:夜物語
nice!(0) 
共通テーマ:演劇

第四章 小島良太さん~夜物語の編曲者 [音楽]

本当に俳優だったのだろうか。

いや、今も現役の俳優である。

ついこの間まで「ドロウジー・シャペロン」に出演していた。

 

「夜物語」の編曲は ♪♪♪~♪~♪♪

編曲者としての1ページを飾るにふわさしい出来栄えだ。

いったい彼のどこからこの多彩な音色は生まれるのだろう。

 

プロフィールを見せて頂くと…

幼い頃から音楽と共に生きてきた少年…だった

しかもオックスフォードで数学を学び…、

なおかつ作曲で賞を取り、

驚いたことに卒業後、劇団四季に入った。

[がく~(落胆した顔)] フムム。

 

最近は国立大学や大学院を卒業しても、

演劇の世界に身を投じる人は多い。

だが、オックスフォードを出て、俳優になるとは…!?

相当格好いい。

さらに良太さんのお兄さんも

一流企業のサラリーマンから落語家に転身したというから、

普通じゃありません。

小島家は謎に満ちている。興味津津!

少しだけ女性週刊誌の記者の気持です。

さてそのDNAとは…。

 

ジーヒョンのコンサートの時にお会いしたお母様!

穏やかな笑顔が印象的で、優しそうな方でした。

それ以上の情報はないのですが、

子供たちの夢を健やかに育てていらっしゃる、

立派な人だとつくづく思った。

 

良太さんの見果てぬ夢は始まったばかり。

豊かな才能はこれからどんどん花開いていく。

長い沈黙を破って、良太さんの編み上げた音楽が劇場に流れる。

その才能はどこまでも美しく、豊かで、果てしない。

彼の「音」を聴いたら皆さんも納得するに違いない。

 

羽鳥さんが研究所で彼を教えていなかったら、

この出逢いはなかった。

金志賢さんのコンサートの演出を引き受けなかったら、

すれ違っていた。

運命が2人を引き寄せた、ということか。

 


タグ:夜物語
nice!(0) 
共通テーマ:演劇

第四章 編曲の重要性~プロの腕とは [音楽]

作曲の後に、お願いする編曲。

どんな楽器を使って、どのような編成にするのか。

劇場で聴く音は編曲をした人の音色だ。

だからアレンジ次第で軽くもなるし、重くもなる。

全ては編曲者のセンスにかかってくる。

 

劇場探しをしていた頃、小編成の生オケを考えていた。

中劇場で生演奏。なんて贅沢な!

そう、あちこちからお叱りの声を頂いた。

ごもっとも…。

生演奏はべら棒な経費がかかる。

ああ、現実は厳しい。

「夜物語」の優しい時間を生演奏で共有したかったのだが、

色々思案した結果、あきらめざるを得なかった。

 

さて編曲の作業だが、今では素晴らしいソフトが簡単に手に入る。

種類も豊富で、それこそ数万円のものからウン十万円のものまでピンキリの世界。

出来栄えはへたな生演奏より素晴らしい時がある。

問題は高いソフトを買ったからと言って、良いものが出来るとは限らない。

そこが本当に難しい。

完成したものが作品とマッチしているかは編曲者の腕による。

人の声と合わさり、ストーリーを引き出す音源でなければ、

それまでの努力が水の泡となる。

 

だから良いものを創って頂いた時は心底嬉しい。

だが、編曲者にあげられる時間はそれほどない。

スピードとセンス。

その両方を持っている人がプロとして声がかかる。


タグ:夜物語
nice!(0) 
共通テーマ:演劇

序章 もう1人の作曲家 [音楽]

そう、鈴木京子さん。2007年8月、アートフォーラムあざみ野での試演会、ミュージカル「マリリン」の作曲家。羽鳥塾での生徒への指導ぶりを見ながら、作曲家としてデビューさせたいと羽鳥さんはずっと思っていた。それには試演会という舞台で試すのが一番。生徒と一緒に一丸となって取り組んだ作品。その出来栄えを見て、「夜物語」では追加曲、2曲を依頼した。

「魔女のテーマ」と「旅立ち」。完成した台本と曲を見直し、新たな旋律が必要と感じたのだ。2週間と経たない内に3曲入ったMDを持ってきた!! ウウッ、京子さん、いつ作っているの?毎日生徒さんを指導して、可愛い2匹のワンちゃんの世話までして、いつ~?教えて~?

ちゃんと寝てる~?ご飯は食べてる~?休んでる~?


タグ:夜物語
nice!(0) 
共通テーマ:演劇

序章 曲② [音楽]

羽鳥さんの注文はいくつかあった。長すぎる曲を飽きない程度に短くして貰ったり、雰囲気が似ている曲をボツにしたり、イメージを喚起するために既成の曲を聞いてもらったりと、2年間とは言っても作曲家とのコミューニケーションは欠かさなかった。

本田さんは猛烈に忙しい。貧乏暇なしを絵に描いたような生活、とは本人の弁。小学生の子供2人を抱えて離婚してから早20年。音楽の仕事に携わりながら、女手ひとつで子供を育ててきた。作曲、編曲、演奏、音楽講師…同時進行していて本番間際の時もある。手を抜けないので、急かすと気持のゆとりがなくなって、物語から聴こえてくる音をキャッチしにくくなる。

だからひたすら待つ。本田さんと仕事をして感じた最善の方法だ。


タグ:夜物語
nice!(0) 
共通テーマ:演劇

序章 曲① [音楽]

080421_0940~0001.jpg

作曲の本田成子さんとの付き合いは羽鳥さんが四季を辞めた直後から。                                   ある教室から依頼された短縮版ミュージカル「オーバー・ザ・レインボー」の脚本を羽鳥さんが、音楽を本田さんが担当した。原作は「オズの魔法使い」。その時のご縁で本田さんの優しい人柄に触れ、「夜物語」の作曲をお願いしてみた。この時もインスピレーションがビビビ!

「何年かかっても構わないから、出来たら教えて下さい。ミュージカルの本格的な作曲は初めてだと思うので、あせらずに、心に浮かんだ旋律をそのまま起こして欲しい。作詞は大意で書いてあるから、メロディーを重視します。言葉が合わなければ、詞をつけなおしていく。だから心配しないで」と。

2年間の歳月を経て、全曲完成。素晴らしい曲。未知の才能に巡り会った瞬間でした!


タグ:夜物語
nice!(0) 
共通テーマ:演劇

序章 明日出来ることは!? [音楽]

音楽監督をお願いしている鈴木京子さんは早い!とにかく早い!何が早いかって、仕事が早い。「夜物語」の曲にどんどこコーラスをつけていく。なんと生徒とスタッフに渡すコピーまで、自らやる。 うかうかしているとそのスピードについていけないほど精力的に仕事をこなす。

脚本・演出の羽鳥三実広さんが一言。「明日出来ることは今日やらない」。

京子さん「!?…初めて聞いた言葉。…新鮮…!」

羽鳥さ~~ん!


タグ:夜物語
nice!(1) 
共通テーマ:演劇
メッセージを送る